26位 東京喰種トーキョーグール:re

第2部『東京喰種トーキョーグール:re』のあらすじと見所まとめ

第2部『東京喰種:re』は、第1部で主人公だったカネキに変わり、新たに佐々木排世(ささきはいせ 通称ハイセ)を主人公とした物語が展開されます。第1部からは2年後の世界が舞台となっていますが、喰種の脅威は、人間のまだすぐそばにありました。

ハイセは22歳、毛先が白、生え際が黒というツートーンカラーの髪が特徴です。喰種捜査官として「喰種対策局(CCG)」に勤め、高い実力を持っていました。

中でも、エリート特務捜査官である有馬将貴を超える人材を育成することを目的とした「クインクス」班の指導者を任されており、個性的なメンバーに手を焼きながらも、賑やかな日々を送っていました。

「クインクス」とは、喰種の赫包を武器として加工した「クインケ」を、体内に持った兵士の事を指します。クインクス班のメンバーは、喰種のように赫子を使用することができますが、喰種のように人を食べることはありません。

しかし、フレームアウトという、いわゆる暴走状態が起こった際には、喰種として駆逐されることが決定しています。

ハイセはクインクス班の指導を行いながら、捜査官として喰種と戦っていきます。しかし、物語が進むにつれ、ハイセの過去について疑問に思う部分が多く出てくることでしょう。

温厚な性格、趣味は読書、料理が得意で、そして20年間の記憶を失っているという点。ハイセ自身の謎と、徐々に明るみに出てくるCCGの本性が、物語全体を包む謎を明らかにしていきます。

第2部は主人公が違う、と聞いてがっかりした読者もいるかもしれません。しかし、物語の舞台は同じで、2年後ではあるものの、同じ世界で物語は進んでいきます。

27位 My Pure Lady

あらすじ

40すぎのさえないニート(?)、田上はある夜、首都高速で美しき女性と出会う。車を直してあげたことがきっかけで、急接近。以来、その愛子さんから謎のお仕事依頼が舞い込むようになった。そしてそれは、さまざまな女性達と愛を交わすことだった……。

28位 ノ・ゾ・キ・ア・ナ

あらすじ

アパートで一人暮らしをする専門学校生・城戸龍彦は、ある日壁の穴を見つける。覗いて見ると隣の部屋に住む女性・生野えみるが自慰をする姿が見えた。壁の穴のことを告げに行くと、えみるは「私と覗き合いしませんか?」と、1日交替で相手を覗くことを提案する。こうして、龍彦とえみるは他人の私生活を覗き合う禁断と背徳の日々を送ることになる。

29位 嘘喰い

嘘食いってどんな漫画!!?

『嘘喰い』の魅力はズバリ、「ババ抜き」や「あっち向いてほい」などの誰でも知っている遊びにひと捻りを加えたゲームによって生まれる、ギャンブルの天才たちによる頭脳戦です。

単純なのに奥深いギャンブルには、息を吞む展開や多くの謎や伏線が散りばめられ、一発逆転へと繋がったときは驚きと爽快感が得られます。

30位 女帝

あらすじ・みどころ

金と権力を振りかざして弱者を従わせようとする人間たちに復讐を誓い、「女帝」を目指して走り続ける女性の姿を描いた漫画『女帝』。夜の世界の華々しさと厳しさ、そこに溢れる人間模様を描きった人気作です。

31位 課長島耕作

あらすじ・みどころ

島耕作、34歳。新肩書、課長。出世にあくせくする気もないが、新しい椅子の座り心地はなかなか悪くない。島の所属する宣伝部の情報が、ライバル会社に漏れていた。それは、派閥絡みの社内政略にまで発展し、島は渦中に巻き込まれている自分を知る。さらに、浮気相手とタカをくくった女たちもあなどれない…スーパーサラリーマンのサクセスストーリーはここから始まった!!

32位 代紋<エンブレム>TAKE2 

あらすじ・みどころ

うだつのあがらぬチンピラ阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、組の抗争であえなく死んでしまうが、神のいたずらか10年前の世界に生き返ってしまった。今までのミジメな自分にさようなら、これからは金の代紋(エンブレム)めざしてヤクザの道をひた走るんだ──決意に燃える2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二の新たなる人生が今、幕を開ける!

33位 蒼天航路

あらすじ・みどころ

“乱世の姦雄(かんゆう)”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操(そうそう)。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

34位 ふたりエッチ

あらすじ・みどころ

(まこと)と優良(ゆら)のラブストーリー。お互いは性体験が全く無い童貞・処女であり、そのことを知らずにお見合い結婚する。お互い初心者同士である2人は「本当の夫婦」を目指してエッチのステップアップをしていく。

35位ヴィンランド・サガ

この作品について

ヴァイキング――当時はノルド人、デーン人、あるいは「北方の人」という意味のノルマンニと呼ばれていました(世界史に登場するノルマン・コンクエストのノルマンですね)。今では荒くれ者の海賊の代名詞となっていますが、実際に彼らは当時の北欧世界を荒らし回る恐怖の蛮族でした。

本作はただただ、そういったヴァイキングを描くことに終始する作品ではりません。当時の習俗を出来るだけ尊重しつつ、歴史の大きな流れを描く大河漫画です。同時に、1人の青年の成長を描くビルドゥングスロマン(成長譚)でもあります。

36位 土竜(モグラ)の唄

あらすじ

警視庁谷袋署の交番勤務で、警察の問題児である主人公の菊川玲二が、広域暴力団数寄矢会(すきやかい)の会長、轟周宝(とどろきしゅうほう)を逮捕するため、モグラ(潜入捜査官)として同会に加入。ヤクザであるがゆえの血生臭い修羅場と、モグラであるがゆえの宿命(味方を敵に回し、敵を守らねばならない)の渦巻く中で、正義感と悪運を武器に玲二が活躍する姿を描く。

37位 サラリーマン金太郎

この作品について

長髪にハチマキ。背中に赤ん坊くくりつけ、史上最強のサラリーマン・矢島金太郎がしがらみだらけの世の中に殴りこみ!!かつては関東一円でその名を鳴らした暴走族・八州連合の頭(ヘッド)。そんな金太郎は妻の実家で漁師となったが、海でヤマト建設の会長を助けたことで新たな行くべき道を掴んだ!上京してヤマト建設の社員となった金太郎は、会社を飲み込む台風の目となり、行く先々で大暴れ!!

38位 風の大地

この作品について

24歳というゴルフ界では遅い年齢でプロゴルファーを志した主人公沖田圭介が、恵まれた体格と熱心な練習、さまざまな人との出会いによって成長し、メジャートーナメントなどで活躍する様を描いている。主人公の師となる小針春芳、トーナメントで優勝を争う尾崎将司やグレッグ・ノーマンなど、実在のゴルファーも多数登場する。各話の最後にポエムが入るのが特徴。

39位 鬼灯の冷徹

あらすじ

地獄では、戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、亡者はあふれかえり、獄卒たちは人材不足に悩まされ、あの世は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、どこか頼りない閻魔大王に代わって地獄全272部署を治めているのは、閻魔大王に抜擢され、閻魔大王第一補佐官の座にまで上った有能な鬼神の鬼灯であった。鬼灯の幼馴染で衆合地獄主任補佐のお香、女癖が悪く、鬼灯に会うといつも張り合っている中国の神獣・白澤、お伽話としても有名な英雄の桃太郎とそのお供、新人獄卒の唐瓜・茄子などの個性豊かなメンバーと共に過ごす、鬼灯たちの日常を描く。

人にとっての地獄、それは鬼にとっての日常であった。

40位 ワンパンマン

この作品について

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

41位 ピアノの森

この作品について

主人公の一之瀬海(カイ)は、「森の端」に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育ってきた。ある日、カイが通う小学校に転校生として、世界的なピアニストが父の雨宮修平がやってくる。雨宮は、カイが森でピアノを弾いているところを見て驚き、そのことを小学校の音楽教師であった阿字野壮介に伝える。かつて天才ピアニストであった阿字野はカイの才能に気付き、弟子として迎える。雨宮や阿字野と出会ったカイはピアニストとしての才能を開花させていき、やがてショパン・コンクールで世界に挑戦する。

42位 ブッダ

手塚治虫の名作から学ぶ哲学コミック

約2500年前、紀元前のネパール。

インドとの国境近くのカピラヴァストウに、シッダルタと名づけられた赤子が生まれました。その子が生まれる以前から吉兆があり、ただ者ではないことは父王スッドーダナにもわかっていたのです。

母マーヤはシッダルタを産んで間もなく亡くなってしまいましたが、養母パジャーパティに育てられ、シッダルタは聡明な青年に成長します。そんななかで、彼は当時の身分制度(カースト)に疑問を持つようになっていくのです。

同じ人間なのに、なぜ認められることと、認められないことがあるのか。また、なぜ人は苦しむのか、なぜ死ぬのか……そのような疑問を常に抱きながら成長し、29歳で彼は出家します。

僧として修行を重ね、やがて悟りを開いて「ブッダ(目覚めた人)」となるのです。

43位 亜人

この作品について

この作品について

実在の人物である火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とするコミックであり、
テレビドラマ化・映画化・舞台化・漫画化・テレビアニメ化されている。

50位 SとM

あらすじ

結婚生活約10年を迎える戸田誠はごく普通のサラリーマン。毎日愛する妻と子供のために働き、堅実な人生を送っていた。そんなある日、誠のもとへ高校の同窓会の誘いが来る。誠は高校生の頃に好意を抱いていた天海早織に会いたい一心で、その同窓会に参加する。しかし、早織の代わりに同窓会へ来ていたのは、早織の娘の天海沙耶だった。沙耶は「母の代わりに来た」と説明していたが、実際は母親である早織の人生を破滅させた誠に、復讐のため近づこうとしていたのだ。そうとは知らない誠は、沙耶の策略通りに肉体関係を持ってしまい、その際の証拠写真も撮られてしまう。沙耶はこの写真をネタに、誠を自分の意のままに操ることに成功するが、これはまだ沙耶の考える恐ろしい復讐の序章にしかすぎなかった。こうして、堅実に生きてきた誠の平穏な日常は、1人の女性の出現によって徐々に壊れていく。